シンセ ストリングス 音作り

イベント/店舗情報 シンセ(ハードでも、ソフトでも)を買って、音作りが楽しくていろいろなサウンドを作って曲作り。調子にのって何パートもダビングして、いざミックスの段階になったときに、それぞれの「何が聞かせどころなのか」が不明確になり、どの音も聞きづらいものになってしまった…。 シンセサイザーの音作り. シンセサイザーを買ってから2年が経ちまして、我がFantomX6のローン完済も目前となりました。 ここで一区切り付けようと思い、自分の音作りにおける着眼点を晒そうと思います。 ①って付けてるけど続編はあるか分かりません。モチベーションがあれば書く...。, こうやって音作りについてちゃっかり記事書いてるくせに私はまだまだ下手くそだしキャパも無いし手抜きしちゃうこともあるし(ごめんなさい)、全然参考にしてくださいなんて言えるキーボーディストではありません。これ一緒にバンド組んでくれてる方々は特によくご存知だと思います、すんませんヽ(´o`;, そんなレベルにも関わらずこのエントリーを書くのは、意見交換のネタになればと思っているからです。ということでコメントお待ちしています。キーボーディストの方はもちろんそれ以外の方からのご意見大歓迎です。, 使用機材 (別に読まなくて良いです)・Roland FantomX6サムネイル画像にも居る銀色のシンセサイザーです。国産メタルバンドのファントムエクスカリバーとは全く関係ないです。JunoGと比較したら歴然だけどこいつはやっぱり音が良いです。電源も大きいヤツだしプリセットも豊富で音が綺麗。オーケストラのストリングスが結構リアルで生々しい印象。, ・Roland JunoG軽い!!画面はモノクロだけど最低限の機能は入ってます。縁あって安価で譲って頂きました。自分にとっては、Junoシリーズだとこいつが一番使い勝手良い気がします。レイヤーも16個まで重ねられるし。スプリットが一発で設定できたら良いなぁとは思うけど。本当かどうかわからないけど、初期の機種は画面や鍵盤の調子が悪くなりやすいとネットに書いてありました。そのせいか去年の夏頃に液晶がブラクラのような状況になってしまったので修理してもらいました。結構重宝してるけど音はファントムの方が良いなと実感し始めてる今日この頃。, 【ピアノ音色】・曲によるけれど、大抵ベロシティ感度は最大にして強弱をはっきりつけられるようにしています。なるべくアコースティックのようなニュアンスが出せたらいいなぁというのが、ピアノ音色を使う時の目標です。しかしピアノという楽器は難しいね〜〜 ・EQについて。割とローを削り気味に作っている気がします。ピアノ音色は低音になるほどローの主張が強くなっていく気がします(Rolandの特徴なのかしら)。バンドの中で合わせる時は特にローを削り気味にしていて、単体で弾いた時にスカスカに聞こえるくらいがバンドで合わせる時には良いのかなと感じてます。 逆に他の楽器がお休みでピアノ単体になる時は、EQはそこまでいじらないようにしています。, 【オルガン音色】・60s〜70sのヴィンテージなオルガン音が再現できるようになりたいです...(願望)・ロータリー系のエフェクターを使うのがわりと王道だと思うのですが、コピーする曲によってはLFOがわざとらしく聞こえてしまう事がある気がして悩んでます。・ローランドのプリセットPeepDurpleという音は結構好きです。ただこれスタジオ練習の時はなかなか抜けてこない気がします。逆に、ライブの時には外音は綺麗に聞こえてくる事が多いようです。・オルガンは環境によってかなり音の抜け方、聞こえ方が変わってくる気がします、ので、余裕がある時には3種類くらいオルガン音を用意しておき、スタジオ入ってベストな音を探すようにしています(しかし大抵の場合、ぜんぜん余裕ない事が多いです!)。, 【ストリングス系】・アタックについて。立ち上がりが遅いことが多いのが一番の悩みどころです。場合によってはアタック強めのホーン系をうっすら重ねてアタックを補強することもありますが...。やはり発音の早さに合わせて鍵盤を早く押すべきなんでしょうか?キーボーディストの方のご意見を伺いたいです。・JunoGの場合はfarewellっていうプリセットを重宝しています・ストリングスに限らないけど80sあたりのバンドの音作りは正直やや苦手意識があります。いい意味でのチープ感を出す事って大切だと思うんですけど、うまく作れたと思ったことがありません。80sシンセストリングスの音作りって何が正解なんでしょうか...(もちろん音作りに固定の正解などないと思ってはいるけれど)。, 中途半端だけどとりあえずここで切り上げることにします。ここまで書いておいてなんだけど、コピーするバンドによって音作りって違うから、ピアノ音色はこうやって作ってます!って一概には言えない部分も結構多いなぁ。, メタルはそんなに聴き込んでないですけど、Djentバンドのサポートをやっていた時期がありましたね。, とんでもない!チェンバーロックのイメージが強くてちょっと意外でしたDjentわりと好きです〜〜どちらのバンドでサポートされてたのか気になります..笑. . パッド・ストリングスと一括りにしていますが、オーケストラっぽいストリングスから、シンセでの凝った音作りのパッドまで様々です。 ここではまとめて長く伸ばした音で使う楽器パートについて、まずはそれを使う時の基本的な考え方からお話します。 5 同じトラックを複製、シンセのおとで16分でアルペジエータかける ... アニソンの音作りについて悩んでいるんだが 例えば ... ストリングスにmusic boxをレイヤーしてんじゃねぇの 昨日は衆議院議員選挙でしたね。投票権を持っている皆さんは投票に行きましたか? 私はきっちり行ってきました。 でも投票率は結構低かったみたいですね。今回は特に仕方が無いことなのかなとも思いました。今の状況だと『どこに入れていいか判らないし・・・』という気持ちも判ります。 Native Instruments社のMassiveを使用して様々なシンセサイザーの音作りやサウンドテクニックをご紹介いたします。 シンセサイザー初心者の方でも、その使い方を習得していただけます。 【アナログシンセ】 音作りの基本. 音の波形をこもらせたり、特定の周波数だけを強調することでいかにもシンセらしい音の変化が得られる場所です。VCFは(ボルテージコントロールフィルター)の略です。フィルターに低い音程のみに変化が起きるLowpassフィルター 高い音程のみに変化がおこるBandPassフィルターなどいろいろな種類のフィルターがありますが、基本はLowpassフィルターだけ覚えておけば問題ありません。 オシレーターがシンセの顔だとするとフィルターは外見と言ったところかもしれません。MOOGフィルターや… 新製品ニュース シンセだけでなく、ピアノやストリングスなどのElectroにあった音色をそろえてあります。かなり万能です。 音作りのハードルが無いぶん、初心者にとってもオススメです。 Omnispheare2の購入ページは … レビュー Vienna Chamber Strings 1は数々の高品質オーケストラ音源を販売しているVienna Instrumentsのストリングス音源。 室内楽用の音源ながら、音がドライでなおかつ編成が丁度いいので、ポップスに最適です。 実際に多くのプロも使用しています。 打ち込みは若干のコツが必要で、ベタ置きだとシンセみ … 1ストリングスだと思っています。そもそもストリングスとは何ぞやという方弦楽器や弦楽器を主体とする演奏… UVIString Machines H2 UVI SoundcardシリーズはフランスのUVIがリリースしている大容量サンプリング音源です。ドラムやベースなどの定番系以外に、ちょっと変わった音源をラインナップするユニークなメーカーである彼らの新作は、1970年代に流行したストリングス・シンセ系音源を一同にそろえ … では実際にADSRを変えて音作りをやってみましょう。たとえばこうしたリッチなストリングス音色があったとし … © Shimamura Music. この記事では、モノフォニックシンセサイザー固有の機能である「レガート」と「グライド(ポルタメント )」について詳しく解説しています。いずれも、モノフォニックシンセを用いた音作りの際には頻繁に使用するもですので、その挙動をしっかり理解していきましょう! アナログシンセの音作りも知りたいと思いますが、今回はオールインワンシンセの音作りを解説します。 初心者向けの内容です。 プリセットと呼ばれる、最初から音が作られているプログラムナンバーを使います。 全くの初心者の方向けにアナログシンセでの音作りを、オシレーター・フィルター・エンベロープ、の各部の調整とモジュレーションについて、オススメのフリーVSTシンセであるOB-XdとTyrel N6の実例を交えて、基本的なところから解説します。 シンセストリングスはそのまま使うにはリアルではないので、生のストリングスセクションやPCMストリングスの補佐的に使うのが良い。 シンセストリングスはストリングスを再現しようとしたsolinaとい … エンベロープとフィルターの調整でプリセットの音色を自分の理想の音に近づけることができます。今回は、シンセ初心者でも簡単にできる、音作りについて解説します。 入門ガイド Topic キャンペーン All Rights Reserved. 1.はじめに 前回(8回目)は、ベル系だったので、 皆さまお待ちかねストリングス系の 紹介になります。 ADSRの使い方 がポイントです。 もちろん、 今回もableton liveの頼れる兄貴 『Analog』を使っていきます! 2.作成方法 【①Analogを起ち上げる】 ・Uniボタンを点灯 ・Detune:15.00 ・Keyborad … 特集, 「ATTACK TIME(アタック・タイム)」⇒鍵盤を弾いてから音が出てくるまでの時間, 「DECAY TIME(ディケイ・タイム)」⇒サスティーン・レベルに到達するまでの時間, 「RELEASE TIME(リリース・タイム)」⇒鍵盤を離してから音が消えるまでの時間. 応用編:ストリングス音色をブラス音色に変化させてみよう. こんにちはサカウエです。前回の記事「音の出だしとADSR」では、シンセの音色作りは「最初は4~5種類のパラメーターを覚えればO.K.」と書きました。その一つが、シンセの音量や音色を時間的に変化させる「エンベロープ(ADSR)」だったわけですね。 ローランドのシンセ「JUNO-Di」にある … なお、このシンセ教室では、ヴィンテージの名機MS-20をモデルにしているMS-20 miniで、音作りの説明をしていこうと思います。 それではまた。 【2時限目】 へ続く others 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。, このEmのサウンド・・・どこかで聴いたことのある方もいらっしゃるかもしれません・・そうです「ジョジョの奇妙な冒険のオープニング」でも使われたYesの「ラウンドアバウト」のイントロです。さて、実はこの楽器はある身近な楽器を加工したものだったということをご存知ですか?(プログレ好きには常識?), 昔はビートルズを始め様々なバンドが「逆回転サウンド」を実験的に使用していた時期がありました。もちろん当時はサンプラーなんて便利なものはありませんので、アナログ・テープを逆再生し、別のレコーダーにダビングするという面倒くさいことをやっていたわけですなー(遠い目)。, いかがですか?ノーマルの場合、最初に「バーン」と音が出てからジョジョに減衰していきますが、逆回転の場合はだんだんと音が大きくなってバスっと消えるサウンドになっています。この音の出だしの違いでまったく別物の楽器に聞こえてしまうということを覚えておいてください。, 近年のシンセサイザーにはピアノ、ギター、ストリングス、ブラス、ドラム、パーカッションなどのアコースティック楽器をはじめ、シンセ系、効果音、等々さまざまな種類の音色が最初から入っています(これを「プリセット音色」といいます)。1000以上のプリセット音色を収録した機種も最近では当たり前になっていますね。, これだけの音色が用意されていればどんな音楽ジャンルでも対応OKという気がしますが・・・実はそんなに甘い話ではないのです。, コピーバンドを演っている方であれば「あの曲のイントロで使われているあの音色」に一番近い音をプリセットの中から選んで使うことなると思いますが、, 実はちょっとしたコツさえ掴めば、イメージ通りの音色や、全く新しいオリジナル音色をプリセット音色から簡単につくり出すことができるのです!これだって立派なシンセの音色作りといってよいでしょう。, そしてこの「シンセ音作りのコツ」は、ほとんどの機種に共通することなので、ぜひこの機会にマスターしてください!今回は「音の出だし」について。, この音は某シンセのプリセット音色を弾いたものですが、さて何の音色でしょう?・・・ヒント:アコースティック楽器です。, オーボエ?バスーン?残念ながらどちらも不正解です。実はこれ、シンセ本体にあるたったひとつのツマミを回して作った音色なのです(作成時間は5秒!), ・・・・・いかがでしょう?正解は三味線(蛇味線)です。当たった人はかなり耳の良い方ですね!, このように、音の鳴り始め=「音の出だし」を変えるだけでまったく異なる楽器として聞こえてくるのは面白いと思います。, さて、普段私たちは、明るい、暗い、高い、低い・・・といった様々な音の要素を聴き比べて「これは◯◯の楽器だ!」と判別しています。そしてこのクイズが示す通り、「音の出だし(アタックと呼びます)」というのは何の音かを認識する上で非常に重要であることがいえると思います。, シンセサイザーは「パラメーター」と呼ばれる色々な値を、ツマミやスライダーを動かすことによって音色を作成することができます。膨大な数のパラメーターを持っている機種もありますが、, 実はキモとなるパラメーターはある程度決まっているので、4~5種類のパラメーターを覚えるだけで最初はokなのです(これホント), RolandのJUNO-Diというシンセにはツマミはこれだけしかついていません・・割りきってますね。, 先ほど「音の出だし」で音色のイメージの大部分が決まってしまうということをお話いたしましたが、この時間的な音量の変化をコントロールして音色を作ってみることにしましょう。, その前にまずは「音が鳴り始めて消えるまで」の特徴ごとにプリセット音色をグループ分けしてみます。発音の特徴から音色を考えると、実は楽器の音というのは大きくわけて次の2種類があります。, モデルとなっている楽器は、何かを叩いたり、弦をはじいたりして音が出るしくみですね。例えばギターの場合は、弦をピックで弾くと弦が振動して音になるわけですが、いずれは振動は収まる(徐々に音が消えていく=減衰する)わけです。こうした楽器を減衰系と呼ぶことにしましょう。, 弾いた瞬間「コンッ」と鳴っておしまい・・という減衰時間が極端に短い音もあります(木琴など)。なおこの音量がゼロになった状態は「持続音量(サスティーン・レベル)がゼロである」という表現をします。またサスティーンレベルに到達するまでの時間を「ディケイ・タイム」と呼びます。, 今度は鍵盤を抑えている間は音が鳴っているので、サスティーン・レベルはゼロではありません。, ストリングスの場合は弓を止めることなくこすり続けることで音を伸ばしっぱなし(持続)させることができるわけです。パイプオルガンの場合はモーター(昔は人力の「ふいご」を使っていました)が回ってパイプに空気を送り続け、音を延ばすことができます。, 管楽器は息を管に吹き込んで音を出す楽器。本来であれば人間の息の続く時間には限界がありますのでいずれは音は消えることになりますが、シンセに入っているブラス系音色は大部分が持続音系になっています(※), ※息を口から吹き出すと同時に鼻から息を吸う「循環ブレス(循環呼吸法)」という特殊テクニックを使用すると、長時間の切れ目なし発音が可能です(要訓練)。, さて以上の二種類に大別される音色ですが、前述の減衰時間(ディケイ・タイム)と持続レベル(サスティーン・レベル)の他に, というものもシンセサイザーではコントロールすることができます。実は音当てクイズの三味線は、このアタック・タイムを変えていたのですね。, これらの音の鳴り始めから消えるまでの時間的な音量変化をコントロールするパラメータは、それぞれの頭文字をとって「ADSR(エーディーエスアール)」呼ばれることもあります。またこのADSRを生み出すセクションを「Envelope Generator」=エンベロープ・ジェネレーター(以降エンベロープ)といいます。機種によっては「ENV」「EG」といった表記がされていますね。, ※今回はあくまで「音量」の時間的変化について紹介しています。エンベロープは音量(Amplifier)以外にも「音色を時間的に変化させる場合」にも使用されますが、それはまた以降「フィルター」の回でご紹介します。, アタック、ディケイ、リリースは「タイム」=時間で、サスティーンだけは「レベル」=量・・ということに注意。, なお場合によっては「タイム」と「レベル」は省略されて単に「アタック」「ディケイ」「サスティーン」「リリース」と呼ばれる場合もあります。そしてこのエンベロープ・ジェネレーターの信号がシンセの音量セクション「アンプ」部分を変調することで時間的な音量変化を生み出すことができます。, では減衰音系と持続音系の音色のイメージを図で確認してみましょう。(図はiZotope社のソフトシンセirisの画面を使っています), 例)マリンバ、ピアノ、ギター等。ディケイタイムで減衰時間が決まります。自然の摂理で音域が低くなるに連れ減衰時間は長くなっていきます。, というわけで、色々な楽器のエンベロープがなんとなくイメージできればここではオーケーです。, さてエンベロープが何となく理解できたら機種が変わっても大丈夫!どのメーカーのシンセでもエンベロープの機能はほぼ共通なので心配ご無用!, StudiologicのSledge:表記はENV。FilterとAmplifierの2箇所にありますがこれについては後述します。, では実際にADSRを変えて音作りをやってみましょう。たとえばこうしたリッチなストリングス音色があったとします。たいていのシンセには「synthe strings」のような音色名でプリセットされていると思います。, アタック遅めで、サスティーンはゼロではなく、リリースは少々長め。したがって鍵盤を弾いてからゆっくり立ち上がり、抑えている間は持続し、鍵盤を離したらちょっと余韻が残る・・といったタイプの音色です。, ではこれを素早く立ち上がり、抑えている間は持続し、鍵盤を離し瞬間に音が切れる・・というシンセブラスに適した音量エンベロープに変えてみましょう。さてどうすればいいでしょうか?, 「アタック早め」「リリース短め」という2つのパラメーターだけを変更すればよいのです。JUMPのイントロで使えそうな感じです(古)。, 音の立ち上がりと余韻だけでも全くイメージの違う音作りができるのがお分かりいただけたと思います。エンベロープの中でもアタックとリリースは音を特徴付ける大事なパラメーターですが、この2つを変更するだけでも多くのバリエーションを生み出すことができるのです。, というわけで、キモになるパラメーターさえ覚えてしまえば、機種が変わっても怖気づくことはありません。, 下図の○印で囲んだ「KNOB FUNCTION」のスイッチを押すたびにツマミの役目が変わります。ランプが真ん中になっている場合はツマミの役目は左から「ATTACK」「DECAY」「SUSTAIN」「RELEASE」になるというしくみになっています。落ち着いて考えれば難しくはないですね。, というわけで音の鳴り始めと鳴り終わりをコントロールするだけでもかなりのことができるようになります。今回は時間的な音量変化をエンベロープでコントロールしてきたのですが、音質、すなわち「音のカラー」に関してはあえて触れていませんでした。, シンセ特有のあの「ビヨーン」とか「シュワーん」というのは音量が変わっているのではなく、音色が時間的に変わっているのです。ではそもそも明るい、暗いといった音色を変更するときはどのツマミを回せばよいのでしょうか?, それは「フィルター」と呼ばれるパラメーターになるのですが、フィルターについてはまた次回。それでは~, 【シンセサイザー 定番プリセット音色と種類】キーボード(ピアノ、オルガン、エレピ、クラビ)編, Roland ZEN-Core搭載対象モデルを購入&登録で「Roland Cloud」のProメンバーシップ1年分のライセンスがもらえる, Moog 16 Channel Vocoder | 40年の時を経て復活した16バンドのアナログヴォコーダー, Erica Synths TECHNO SYSTEM | ダンスミュージック向けのユーロラックリズムモジュールシステム, Korg MS-20 FS | 国産アナログシンセの銘機 MS-20 がフルサイズ・4つのカラーで数量限定復活, Teenage Engineeringの シンセ・シーケンサー OP-Z が16% OFF, Modal Electronics COBALT8 / COBALT8X / COBALT8M | バーチャルアナログシンセサイザー, Nordの対象商品購入で、各種特典やプレゼントがもらえる「Nord:演奏環境づくりサポートキャンペーン」, MOOG CLARAVOX CENTENNIAL | テルミン誕生100周年記念モデル, KORG opsix | 新次元のサウンドを生み出す6オペレーター搭載FMシンセサイザー, 指定しない オーケストラのストリングス音源としては、最高峰の音質と評価されています。 細かい人数設定が可能で、一つ一つのサンプルのクオリティが高いため、上手に打ち込めば、本物のオーケストラかプラグインか聴き分けられないほどの音作りができます。 基礎知識 この記事では、シンセリードのアレンジと音作りについて解説しています。シンセリードの役割、シンセリードのアレンジ方法や注意点、シンセリードの音作りなど、アレンジに彩りを添えるシンセリードのテクニックを学んでいきましょう! シンセの知識を習得することは、音楽を作る人にとってはコストパフォーマンスの高い学びなのだ。 今回の記事では、実際に音を作る手順も交えつつ、シンセの音作りの基本テクニックを8つ紹介してみる。 話逸れるけどジュピター8のシンセストリングスは温かみがあって大好き。 中途半端だけどとりあえずここで切り上げることにします。ここまで書いておいてなんだけど、コピーするバンドによって音作りって違うから、ピアノ音色はこうやって作ってます! Rolandのソフトシンセ SH-2. 個人的に使用頻度が高いのに音作りで難しいと感じる音No. サポート シンセの仕組みを全く理解していなくても、 とりあえずプリセットから選べば良い音が出る。 現代のソフトシンセのプリセットが優秀すぎるので、 音作りにそれほど必要性を感じないという方も多いかもし … 「音作り」という作業を整理するにあたり、まずは「音の出発点」から考えていきましょう。 音の出発点には次の2通りがあります。 つまり、音をまるっと最初から作るか、シンセにプリセットされている音を変更していくかということです。このどちらも「音作り」といえます。 まずは、各音作りの概要について説明します。 海外のプロも使用している10個のソフトシンセを、ランキング形式で紹介しています。edmシンセからバーチャルアナログシンセまで幅広く網羅しているので、選択肢があり過ぎてどのシンセを買おうか迷っているという方におすすめです。 今回も作った曲、「Good Night」に使われているプラグイン、ソフト、機材紹介、シンセ、ストリングス編です。シンセは曲の中で色々試したくて、結構たくさんの音色を使ってます。ストリングスは主役の楽器ほどの存在感はないけれど、曲の至る所に使 ブラスシンセの音作り方法を知りたいな〜と思った時は「Brass synth massive」と調べればいっぱい出てくる。 多くは英語の動画だが、設定値をパクるだけなので問題ない。 自分で色々設定を変えて、徐々に音がかっこよくなっていく過程はとても楽しい。 ストリングスの基本を把握するあらゆるジャンルで頻繁に使用される「ストリングス」「Violin」「Viola」「Cello」「Contrabass」などの弦楽器を総称したものです。使用する機会が多いだけに、これら打ち込み技術を向上させることで… 音楽制作には今や欠かせない打ち込み音源たち 生音のレコーディングが減った現在、とても重宝します 中々ドラムだったり、ストリングス系の生音レコーディングなんか普通はできないですからね 音源使った方が安上がりで、音の質もよくなりました 生音録らないって個人的には悲しいですがw .

沖縄 星空ツアー ホテル, エステール デュ フロ, 榮 倉 奈々 第二子 タラレバ, 逆転裁判 Switch 456, プロメア 上映 いつまで, 沖田 神楽 最終回, ケーズデンキ Hat神戸 駐車場 料金, ヒプマイ イケブクロ 不人気,